よくいわれるインプラントのメリット

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。
費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、当然ながらデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。
そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも十分あり得ます。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。
一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
保険がきかない理由ははっきりしています。
インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
インプラントの特徴として虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その義歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。
これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラントの人工歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。