インプラントとクラウンの違い

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。
人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
インプラント治療にかかる費用を合計するとトータルで30万円から40万円と考えてください。
相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。
いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得てください。感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。
あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。
障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。今では、どこで手術を受けても大して痛くないのが普通です。麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。
術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることに努めましょう。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。
インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。