インプラント治療は保険適用外がほとんど

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用がかさむことに尽きます。保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。また、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。
そして、定期検診にも費用がかかってくることも念頭に置きましょう。インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。
実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。
歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。人工歯の製作には、高い技術と美的センスを必要とする、高レベルな作業なのです。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。最近話題になることも多いインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。いくつか例を挙げると、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということも一部で見られます。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。
そのようなケースでは、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。